ぽっこりニキビ、気になってもつぶしてはいけません!!

青春の悩みの一つはニキビですよね。思春期の頃にできやすく、見た目にも気になります。
私は幸いにも、10代の頃にはほとんどニキビはできませんでした。
そういう体質なのだと思っていました。
ところが、20代も中盤を過ぎてから、一時期ニキビに悩まされました。
原因は仕事のストレスだと思います。
新入社員の教育係を命ぜられ、異常に気を遣う毎日でした。
私の力不足ですが、誉めても怒っても、何をどうやっても上手く指導できませんでした。
上司には怒られるし、ミスのカバーで仕事は増えるしで、もう散々な目に会いました。
その新入社員と離れてからは、ニキビは綺麗になくなったので、原因がストレスであったことは間違いないと思います。
顔中にニキビができました、頬・おでこ・顎と全体にです。
医者の処方箋だけでなく、ドラッグストアで色々な添付薬を買って試しましたが、どれも劇的な効果はありませんでした。
最初は赤くなっていたニキビが白くなりました。
ちょっと指でその周りを押すと、膿が出てきて表面は平らになりました。
これは良い!と思い、ニキビが大きくなる度に潰しました
潰した後に薬を塗っておくと、一時的には治りました。
最初は良かったのです。
ところが、同じ箇所にできるニキビを潰していたら、跡が残るようになりました。
薄く黒い跡が残ります、右頬が最も酷い跡になりました
ニキビよりも広い範囲に、まるで殴られたようなアザができてしまいました。
1円玉くらいになっています。慌てて薬を塗りこみましたが、3ヶ月近く消えませんでした。
現在はストレスがなくなったせいか、すっかり消えてなくなりました。
でも、ひょとしたら一生残るアザになっていたかもしれません。
なるべくニキビは潰さないようにしましょう。

思春期、誰もが通る道ですね♪

私は数年前まで、顔のニキビに本当に悩まされていました。
思春期特有のニキビに加え、洗顔をあまり真面目にしていなかったことが原因だったと思います。
それに加えこちらにも書いた通り肌を焼いたりと負担ばかりかけていました。
(…でも当時は流行っていたんです)
そのこともあってか私は顔ニキビが沢山出来てしまい、それが非常にコンプレックスでした。
ニキビが多いと、やはり見た目も綺麗とは言えませんし、
薬を塗ってもあまり効果がなく、だからといって気になるニキビを潰すと余計に跡が残ってしまい
顔を表に出すことすら恥ずかしくなってしまいました。
ファンデーションで隠すという手もありましたが、
余計に悪化するかもしれないと思い、出来るだけ自然治癒してほしいという思いでいっぱいでした。
少しでもニキビを軽減させようと、塗らないよりはましだと思い、とにかく薬は欠かさず塗っていました。
それに加え洗顔も丁寧にするようにしました。
乾燥の時期になるとニキビの脂がポロポロになってきたり、ヒリヒリしてきたりしたので出来るだけ顔を清潔に保って、
乾燥があまりにも気になったら顔に蒸しタオルなどを当てて、保湿しつつ清潔に保つようにしました。
また、自分だけでなく、周りの子たちもニキビで悩んでいるんだということに気付くと少し気が楽になり、
顔ニキビのことがあまり気にならなくなりました。
そうして今は、思春期の頃に比べると大分綺麗にニキビが治りました。
少し残っている部分もありますが、気になるほどではありません。
きっとニキビは誰もが通る悩みであり、清潔に保っていれば少しずつ治っていくのだなと身を以て知りました。
今でも洗顔には気を使っています。

まずは「作らないこと」!!

仕事の大事なミーティングの前に、おでこに赤い大きなニキビが出来てしまったことがあります。
デザイン系の仕事をしているので普段は当然、ミーティングや大事なことがある時はメイクもお洒落もしっかりしていかないといけないのに、よりにもよって顔の中で一番目立つところに大きなニキビ。
額の真ん中、眉のちょっと上あたりで本当に大仏としかいえない場所にできました。
もとからニキビが出来やすい体質で、睡眠不足や生理前、ストレスがたまっている時などすぐにニキビが出てきてしまいます。
おそらくこの時に出来たのはミーティングの準備で睡眠不足のためだと思うのですが、だからといってここから睡眠をきっちり取るだけの余裕もなにもありませんでした。
ビタミン剤を飲んでみたり、ニキビ用洗顔やニキビ用のクリームを使ってはみた物の当然2、3日で治るわけもなく・・・
若干ちいさくなったかな?という状態を必死にファンデーションとコンシーラーで隠して誤魔化しました。
色は誤魔化せても、ふくれてしまったニキビ自体は隠せず、お洒落な格好と不似合いな顔でミーティングに出るはめになってしまいました。
これがほっぺに出来た、とか、額の上の方とかだったら髪の毛でも隠せたのかもしれないのですが、如何せん出来た場所が悪い。
人の視線が一番集まりやすい顔の中心に出来てしまうなんて本当にアンラッキーでした。
その後、どんなに忙しくても睡眠と食事には気をつけて、大事なミーティング前やイベント前は毎日ビタミン剤をのんで予防するようになりました。

敏感肌でも安心♪

この2年ほど、洗顔石鹸は、Marks & Webのハンドメイドボタニカルソープを使用しています。
主に、保湿成分が高いと店舗の方から薦められた黒砂糖/ハチミツを使用していますが、季節ごとの限定商品なども、購入する事もあります。
洗顔石鹸以外にも、このメーカーの基礎化粧品を利用していますので、それを購入する為に店舗を訪れた時などに、限定商品(クリスマスには、クリスマスカラーの赤い石鹸、冬の寒い時期には、ゆずの香りの石鹸など)が店頭に並んでいると、その色の綺麗さと、フォルムの可愛らしさに、気を引かれて、つい購入してしまうのです。
大きいほうのものでも、400円程度、小さいものですと、200円程度で購入できるあたりが、落とし穴となっているので、ついつい、手にとってしまうのです。
色やフォルムの見た目だけでなく、こちらのメーカーの商品は、オーガニックの素材が使用されていますので、敏感肌の私でも、安心して使う事ができる事も、愛用している理由の一つです。
実際、使用してみると、泡がきめ細かいですし、必要以上に洗浄力が高くないので、洗顔後の肌の強張りも感じませんし、素肌のトラブルは減っています
お値段がお手ごろで、使用感にも問題が無いと、コストパフォーマンスが高いなと感じていますので、当分の間は、この商品のリピーターで居続けると思います。
Mraks & Webは、店店舗共通のポイントカードがある事も、購入するにあたっての魅力の一つになっているかもしれません。

肌をきれいに保つには負担をかけないことがポイント☆

つい最近、単発ではあるのですが接客の仕事が決まりました。
普段は薄化粧なのですが、仕事のときはしっかりメイクをしなくてはならず、よくおちるクレンジングを探していたところ、ファンケルのマイルドクレンジングオイルがよさそうだったので使ってみることにしました。
オイルクレンジングは肌に良くないと聞いていたので最初は迷ったのですが、「スムースクッションオイルだから肌に負担をかけない」と商品説明にあったので心配なさそうです。
ちなみに、このファンケルマイルドクレンジングオイルは濡れた手でも使えるので、私は湯船に浸かりながら、マッサージをしています。
お風呂の中のフェイスマッサージは毛穴の汚れも落ちてくれるし、エステ効果も期待できるので若干たるみかけている私のお肌には有効です。
2度塗りしたマスカラも綺麗に落ちてくれるし、ポイントメイク落しを買わずにすんでいるので経済的でもあります。
マッサージ効果でお風呂上りのお肌はプルプルしてくれて、その後の化粧品の浸透もばっちりです。
厚化粧をすることで、お肌が痛むのではと心配していたのですが、むしろ最近は化粧のノリもよくなってきた感じです。普通にクレンジングをしていたら、こうはなっていなかったかもしれませんが、マッサージでお肌が元気になっているのかもしれません。
そういった意味でもこのクレンジングにして大正解でした。
今のクレンジングが無くなったら、ファンケルの洗顔パウダーもよさそうなので、お揃いで使ってみようかと思っています。